旅行

シンガポールのタクシーに乗ったらぼったくりに遭った件! 手口と対応策を知って安全にタクシーに乗ろう

皆さんこんにちは大学生ブロガーのマオです。
旅行の時に問題が起きてしまうと、折角の旅行の思い出が台無しになってしまうこともあります。
今回は自分が体験したシンガポールでのぼったくり体験について話したいと思います。この記事を読んでくださった方がぼったくりなどの被害に合わないで楽しんで旅行できる事を祈っています。

今回トラブルにあったシチュエーション

家族旅行でシンガポールに行った際に起きた実際にあった被害です。

今回の家族旅行はシンガポールをパッケージツアーを利用しての観光旅行だったのですが、最後の一日だけフリーの日があったので「買い物やお土産を買おう」と思い、10時ぐらいにマリーナベイサンズからタクシー(ベンツEクラス)でオーチャードストリートにある高島屋へ向かいました。

その時、今回のトラブルが起きました。

マリーナベイサンズからオーチャードストリートまでなのに、道がすいているのにやたらと時間がかかり20分ぐらいかかり途中からおかしいなと感じていていました。また、メーターを動かすはずなのに、動かしてい様子がありませんでした。

そして、オーチャードストリートにある高島屋についたときにタクシーの運転手が50SGD(50シンガポールドル)を請求してきました。50SGDは日本円で4000円相当です。

シンガポールはタクシーが安く使いやすく値段も高くないと聞いていたのでおかしいなと思ったのですが、今回が初めての海外でのタクシーの乗車だったこともあり母上が揉めるのも嫌だということで50SGDを払ってしまいました。しかもその時の領収書などを渡そうとしませんでした。

この時に、ぼったくりに遭ったのかなと思っていたのですが確証がないので帰りも高島屋からマリーナベイサンズまでタクシーで帰ることにしました。

その後、オーチャードストリートで買い物と食事を終えてタクシー(シンガポールに沢山走っているカラフルなタクシー)に乗り込み高島屋からマリーナベイサンズまで帰りました。

マリーナベイサンズに帰るときは10分もかからずにホテルにつき値段も9SGD(日本円で約720円【1SGD=80円換算】)でした。

そこで、行きのタクシーは確実にぼったくりだと確信しました。

シンガポールはタクシーの運賃システムが複雑なので初めての人は高くても妥当なのかと勘違いしてしまう人もいるかもしれません。しかし、料金が明らかに高すぎるときはぼったくりだと思った方が良いでしょう。

運転手の態度からしても確信犯だと感じました。

マリーナベイサンズなどの有名ホテルなどに止めているタクシーでもぼったくりの可能性があるので気を付けてください。乗る時は先にどれぐらいの料金で到着するか聞くようにしましょう。

シンガポールのタクシーはベンツなどの高級車を使ったタクシーではなく、下の写真のタクシーなどに乗ると安心です。

「シンガポールのタクシー 種類」の画像検索結果出典https://東南アジア.net/singapore/singapore_infomation/11036/

ぼったくりの手口と対応策

「シンガポールのタクシー 種類」の画像検索結果
出典https://singapore.jpdesk.net/シンガポール-タクシーの乗り方-完全ガイド/
シンガポールのタクシーは、メーター式。しかし、そういった事情を知らない外国人観光客を狙って、メーターを使用しなかったり、料金を上乗せして請求する事件が頻繁に発生しています。

手口

  • 運転手がメーターを使用しない。
  • メーターが壊れているなどと言い訳し、通常の料金より高額な料金を請求する。

対応策

  • 乗車後、運転手がメーターを回しているか確認する。
  • 運転手がメーターを使用しない場合は降りる。
  • 大手のタクシー会社のタクシーを利用する。
  • 料金に納得行かない場合は、助手席前にある運転手の名前とタクシー会社の情報、そしてタクシーのナンバーを控えておき、ホテルのスタッフ等に相談するかタクシー会社に通報する。

まとめ

シンガポールが安全な国と言っても、この手のぼったくりなどをする輩は一定数いるものです。

シンガポールのタクシーは安くて便利なので、シンガポールに旅行した際にはほとんどの人が使うと思います。その際に外国人を狙ってぼったくりなどをするタクシーなどもいるので注意してください。

乗る際は、カラフルな色のタクシーで大手の会社が運営しているものにしましょう。

 

 

ABOUT ME
mao
都内の私立理系大学に通う田舎住みの大学生。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です