旅行

大学生ブロガーの宿泊体験記! マリーナベイ・サンズ(シンガポール人気NO.1ホテル)に泊まってきました!

皆さんこんにちは大学生ブロガーのマオです。

今回はシンガポール旅行に行った時にシンガポール最高峰のホテルであるマリーナベイ・サンズに宿泊させてもらいました。その時マリーナベイサンズが凄かったのでその経験を皆さんにシェアしたいと思います。

マリーナベイ・サンズ

マリーナベイ・サンズ(Marina Bay Sands)は、シンガポールのマリーナ・ベイに面した総合リゾートホテル。。マリーナベイ・サンズは2011年2月17日に開業した際、土地を含め総工費80億シンガポールドル(約6400億)で建設され、世界でこれまでにないほど高額なカジノの不動産物件となった。同時に7つの著名なシェフによるレストランも開業した。

ラスベガスのカジノリゾート運営会社ラスベガス・サンズによって開発され、500のテーブルと1,600のスロットマシーンが並ぶ、単独としては世界最大のカジノを中心に、2,561室のホテル、12万平方メートルのコンベンションセンター、7万4千平方メートルのショッピングモール、美術館、シアター、グラスパビリオンなどを含んだ複合リゾートである。タワー1、2、3と3つの超高層ビル(最高部で高さ200m、57階建て)を屋上で連結した構造をしている。

3棟のホテルは屋上にある1ヘクタールの空中庭園「サンズ・スカイパーク」(Sands Sky Park)で繋がった形となっており、これはシンガポールを一望できる展望台として観光名所となっている。屋上プール(150メートル)もあり、世界一高い場所にあるプール(地上200メートル)があります。

3つの塔の前にはシアター・ブロックとコンベンションセンターのブロックとカジノのブロックがある。カジノのブロックには1,000の賭博台と1,400台のスロットマシーンがある。

ザ・ショップス アット マリーナベイ・サンズは、93,000m2ほどの店舗面積を持ち、300以上の小売店と、フード・アンド・ビバレッジ・アウトレットが入居している。ブティックには、沢山のハイブランドや高級時計ブランドなどが軒を連ねている。

今回宿泊した部屋

自分が今回宿泊したのはプレミアルームというクラスの部屋!

部屋に入るとかわいいタオルアート(イカ)がお出迎えしてくれました♪周りに添えてある花も高級感を演出してくれています(^^♪

ランクとしては下から二番目のクラスなのですが、このクラスの部屋で何不自由なく最高の宿泊をおくることが出来ます!

プレミアムルームは42平方メートル(452平方フィート)という広さで、今回は家族3人で宿泊したのですが十分な広さでした。

部屋は広々として明るく、現代的な快適さを備えていて心身共にリラックスすることが出来、ゆったりとした深め浴槽などもあり日本人でも落ち着いた時間を楽しめます

自分が宿泊した部屋は11階のハイウェイ側あるいはザ・ショップス側だったので、部屋からの絶景というのは無かったのが少し残念・・・

部屋からの夜景を楽しみたいという方は宿泊の際にスカイビュー(40階以上)やハーバービュー、ガーデンビュー、シティービューなどの部屋を予約するといいでしょう。

かと思いきや、そこまで悪い景色という訳でもありませんでした。この真ん前の建物はカジノがある所で泊まった時は土日だったこともあり沢山のタクシーが夜遅くまで来ているのを見ることが出来ました。

しかし、観光旅行だったのでホテルに帰れるのは夜の10時近くになることがほとんどだったので余り気にはなりませんでした。

マリーナベイ・サンズのプレミアルーム

部屋の写真を撮り忘れてしまったので、ホームページからの写真になりますが、実際は3人で泊まったのはでこれにもう一つのベットを足した部屋に泊まっていました。

ベッドも非常に寝心地が良くて快眠することが出来ました!

インフィニティプール

マリーナベイサンズと言ったら、皆さんが思い浮かぶのがインフィニティプールではないでしょうか。

このスカイパークは全長146m、高さ191mの世界最長の屋上プール。このプールは、約19トンのステンレスで出来ており、1424m3の水量を保持出来る。

スカイパークには屋外レストランの郭文秀のSky on 57、ウルフギャング・パックのSpago、アジア料理のCÉ LA VIがあるほか、何百本の木と植物が植えられており、展望台からは、360°のシンガポールの地平線を眺める事が可能。

このインフィニティプールがあるスカイパークは保安上の理由から、ホテル宿泊客以外入ることが出来ないのでプールに入りたい人はマリーナベイサンズに泊まる必要があります。インフィニティプールのために宿泊する人も多く世界でも有名なプールです!

ここからの景色は正に絶景という感じでした!どの時間でも映える写真でインスタ映えを狙う人からすると最高の撮影スポットです。

しかし、基本的に朝はプールが空いていましたが夜になるとかなりの人がいるので綺麗に写真を撮ったり、ゆったりしにくくなります。

夜になると下の写真のような綺麗な夜景を取ることが出来ます。自分の中では今まで見た夜景の中でもトップ!シンガポールのビルなどを一望することが出来る、まさにマリーナベイサンズに泊まった人だけの特権!

マリーナベイサンズの部屋の料金

マリーナベイサンズの宿泊料金を皆さんお教えしたいと思います。

ほとんどの部屋の1部屋利用の最大人数は、大人2名か、大人2名と子供1名までで、利用料金は利用人数ではなく1部屋単位での値段になります。1泊1人でも2人でも同じという事になります。
※また最大人数より多くの人で利用するときは、デラックス・プレミアルームは、大人1名につき100SGD。クラブ・ルーム以上の場合は、大人1名につき175SGDで、折り畳み式移動ベッド又は、引き出し式のソファベッドを(12歳以下は無料)用意してくれます。

スカイビュー(40階以上)やハーバービュー、ガーデンビュー、シティービューがあり選択可能で、人気のシティービューやスカイビューは低階層に比べて若干料金が高くなります。その分夜景が綺麗なので、部屋からの景色を楽しみたい人はお勧め!

※部屋の料金は季節や曜日によって変動しますし、F-1が開催される時期は、数倍に跳ね上がるので今回の値段は目安として覚えておいてください。

部屋 料金 部屋の大きさ 特徴
デラックスルーム(Deluxe Room) 3~6万円程度 39平方メートル(約24畳) 全室バスタブがありません。朝食は1階のRISEか、ショッピングセンターを利用するかになります 。
RISEの朝食ビュッフェ:は、6:30~11時
大人39シンガポールドル、子供22シンガポールドル(5歳未満は無料)
プレミアルーム(Premier Room) 3.5~6.5万円程度 47平方メートル(約29畳) 朝食はデラックスと同じ。
クラブルーム(The Club Room) 5~7万円程度 62平方メートル(約38畳) これ以上のランクは、35~49階になる。また、プールのある57階のラウンジが無料で使えます。
・コーヒー・お茶・ソフトドリンク 6:30~19:00
・朝食 6:30~11:00
※アメリカンブレックファースト形式
・アフタヌーンティー 14:00~16:30
・カクテル&カナッペ 17:00-19:00
グランドクラブルーム 5~8万円程度 79平方メートル(約49畳)
オーキッドスイート(Orchid Suite) 6~9万円程度 97平方メートル(約60畳) スイートの朝食は57階「Sky on 57」で無料。
サンズスイート(Sands Suite) 11~13万円程度 150平方メートル(約92畳) これ以上のランクには、1日24時間の専属バトラー(執事)サービスが付きます。
マリーナスイート(Marina Suite) 13~16万円程度 200平方メートル(約123畳) 部屋が50階以上になる

充実のアメニティ

高級ホテルであるマリーナベイサンズはアメニティもかなり充実していました!

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープなどはもちろん、綿棒やドライヤーなども準備されているので何も持って行かなくても安心して過ごせます。

注意しないといけないのは、部屋にあるペットボトルお水は無料なのですが、冷蔵庫の中の飲み物は有料になっていて取り出してしまうと飲んでいなくても料金が発生してしまうので気をつけましょう。

冷蔵庫

また、見てのわかるように冷蔵庫には飲み物がパンパンに入っているので買ってきた飲み物を入れる隙間はありません。もし、空の冷蔵庫が使いたければ有料($10)での貸し出しもあるようです。

ただ、ホテルとつながっている駅の間にコンビニ(セブンイレブン)があったり、ショッピングモール内にスーパーマーケットがあるのでホテル内からそこまで行くのには5分も掛からないので歩いて買いに行ってもいいと思います。

ガウン

スリッパバスローブやスリッパなども用意されていて正に高級という感じ、ハンガーも沢山あるのでジャケットなどを着ていても服を掛けるスペースは十分。

電気ポッドなどもあるので、温かい飲み物も飲めるという至れり尽くせり。

ABOUT ME
mao
都内の私立理系大学に通う田舎住みの大学生。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です