未分類

電子タバコ(VAPE)で爆煙を楽しもう!MODタイプとは何か?初心者でもわかりやすく解説!

皆さんこんにちは大学生ブロガーのマオです。

最近の度重なるタバコの増税にようる値上げや東京オリンピックに向けた受動喫煙防止条例などを背景に喫煙スペースの減少…

そんな中、着々と人気を伸ばしているのが「VAPE(ベイプ)」と呼ばれる電子タバコ。

電子タバコについて興味のある方なら一度は聞いたことがある言葉があるでしょう。

それが、「爆煙」タイプです!

今回は、「爆煙」タイプ電子タバコ(ベイプ)について徹底解説します!

電子タバコ(ベイプ)って?

 

まず最初に、VAPE(ベイプ)について知らない人もいると思うので電子タバコ(VAPE)について紹介しておこうと思います。

VAPE(ベイプ)とは、欧米やアジア諸国を中心に流行している次世代タイプの電子タバコです。 フレーバー付きのリキッド(液体)を電気の力を使って熱することで水蒸気を発生させ、その蒸気の味や香りを吸って楽しむ器具です。

通称「ベイプ(VAPE)」と呼ばれており、海外で既に人気があり、多くのファンが存在しています。近年では、日本でも若者を中心に人気が広まっています。

電子タバコは「タバコ」とついていますが、タバコ葉が使用されていないので、タールや燃焼により発生する有害物質は含まれていません

また、日本で販売されているものは基本的にニコチンが含まれていないものになります。
日本でニコチン入りのリキッドを販売することは禁止されています。

なので、禁煙のために始める人も多くいます。VAPEを使った禁煙の方法の記事もあるので読んでみてください。

電子タバコ(VAPE)を使用して、我慢やストレスなく禁煙に成功する方法!

しかし、欧米などではニコチンを添加したリキッドが販売されており、「eシガレット」と呼ばれています。そのため、ニコチン入りの物が欲しいという方は海外の製品を個人輸入する必要があります。

「加熱式タバコ」≠「電子タバコ」

初心者の人にもう一つ知っておいてほしいのが、「加熱式タバコ」≠「電子タバコ」だということ。

「加熱式タバコ」の特徴の特徴は、グリセリンを含んだタバコ葉を、燃やさず高熱で加熱することによってニコチンを含んだ蒸気を生じさせ、吸い込むということ。「アイコス」や「グロー」はこの方式を採用しています。

しかし、電子タバコはリキッドと呼ばれる液体を電気熱を用いて気化させ、その蒸気の味や香りを吸って楽しむ器具というものでニコチンなども入っていません。

つまり、一般的に「電子タバコ」と呼ばれている「VAPE」は、日本国内ではニコチンを含んでいないので、実は「タバコ」ではないのです。

より詳しく知りたい人は次の記事を読んでみてください。

電子タバコ「VAPE(ベイプ)」とは?皆が気になる害や健康面。加熱式タバコと何が違うのかについて解説

電子タバコ(ベイプ)の種類とは

 

電子タバコ(VAPE)というと、一つしか種類がないと思っている方もいますが、実は数えきれないほどの種類があります。

しかし、大きく分けると4つの種類に分けることが可能です。

  • カートリッジタイプ
  • ペンタイプ
  • MODタイプ
  • 使い捨てタイプ

それぞれの種類について紹介していきます。

【カートリッジタイプ】

電子タバコに必要な「アトマイザーにリキッドを注入する」という手間を省くことを実現したのがカートリッジタイプ。

構造はカートリッジと本体の簡単な構造で、本体がバッテリーでカートリッジ自身が吸い口になるので、細かなメンテナンスが不要!

同じくらいのサイズで、味も煙の多さも同じくらいの「使い捨てタイプ」と呼ばれる種類の電子タバコもありますが、カートリッジ式電子タバコは「カートリッジ」を交換しながら長く使えます。

長く使うほど価格もお得ですし、環境にも優しく、

交換カートリッジは割安で販売されているので、長く使うほどカートリッジ式電子タバコを使った方が割安となります。さらに、手軽に「フレーバー」を交換できるのも魅力。

使い方は、好きな味のカートリッジを取り付け、煙(蒸気)を吸い込めます。吸い込んでいる間だけ、電源が入って煙が作られる仕様。ほとんどプルームテック。

普段使いに最も適しているのが、カートリッジ式電子タバコではなでしょうか。

【ペンタイプ】

ペンタイプのVAPE(ベイプ)は、初心者向けと思われがちですが、実は初心者から上級者まで幅広く人気があります。 コンパクトで携帯性が良く、使い方がシンプルなので、普段はBOXタイプを使っているけど、ペンタイプをサブ機として持ち歩く方もいるほどです。

また、多くのペンタイプのVAPE(ベイプ)は、複雑な設定やディスプレイ画面を無くすことにより価格もお手頃に抑えられています。 スリムでコンパクトなタイプや、スタイリッシュなカラーリングのデバイスの物も多く、女性のVAPE(ベイプ)愛好者には特に人気があります。

【MODタイプ】

今回の本題の爆煙を楽しみたい方は断然MODタイプでしょう!

MODはしばしばバッテリーと呼ばれることもありますが、厳密にはバッテリーを搭載したバッテリーユニットであることを覚えておきましょう。

バッテリーが内蔵されている分、サイズはペンタイプに比べ大きくなってしまうものの、
煙の量は多くなり、味の濃さも濃いものになります。

なにがすごいかというと、「煙の量と味の濃さを自分好みに調節できてしまう!」ことです。

対になって使用するアトマイザーと組み合わせることによって自分好みに変えることが可能。MOD・アトマイザー共に、違うメーカーのものでも付け替えることができる規格になっているので、MODやアトマイザーの特徴によって様々に組み合わせて電子タバコとして使用することが出来ます。

爆煙に必要な「電力(W)」「バッテリーの電圧(V)」「コイルの抵抗値(Ω)」を
自分の好みで調節することが出来るの爆煙を楽しむことが出来ます。

ベイプに関する基本的な知識が多少必要になってしまいますが、より本格的なVAPEを楽しみたいなら断然このMODタイプがおすすめ!

【使い捨てタイプ】

使い捨てタイプは、使い終わったら処分というシンプルな作りの電子タバコ。カートリッジを交換したり、リキッドを注入したりする必要がないため、手軽なのが特徴。

面倒なメンテナンスが一切不要で、体を購入する必要もないので、気軽に始められるのが使い捨てタイプの魅力。初めてだけど電子タバコを体験してみたいという人はお試し感覚で購入してみてもいいでしょう。

使い捨てタイプは価格も1500円~2000円ほどで、コンビニで販売している所もあるので気軽に買うことが出来ます。

最近ではビタミンが含まれている商品もあって、女性の評判もいいです。

爆煙とは

皆さんが一番気になっているのが、爆煙とはいったい何なのかということでしょう。

電子タバコで検索すると、必ず「爆煙」の2文字を目にすることになるはずです。

電子タバコ(VAPE)はその本体や部品の種類によって、煙の出る量に違いがあります!

中でも「爆煙」タイプと言われるものは、慣れていない人が吸えば咳き込んでしまうほどの煙が出ます。

YouTubeでVAPEを使って煙の技をしているのは、爆煙タイプによる沢山の煙を使って技を行っています。

内容が機械の話なので少し理系的になりますが、、爆煙タイプには高い電力が必要になります。

電力(W)は、バッテリーの電圧(V)とコイルの抵抗値(Ω)で計算されます。

「電力 公式」の画像検索結果出典https://media.qikeru.me/electric-power-formula/

要するに、電力はバッテリーの電圧(V)が大きく、コイルの抵抗値(Ω)が小さいと大きくなります。電力が大きいと「爆煙」をすることが出来るのです。

ここにきて、理科の話かと思うかもしれませんが、

電子タバコの商品説明にも「電力(W)」「バッテリーの電圧(V)」「コイルの抵抗値(Ω)」は書いてあることが多いので頭の片隅にでも覚えておいてください。

5.どうやって選べばいいの?

爆煙タイプを選ぶ上で重要な点はズバリ2つです!

  • 価格
  • デザイン
  • コイルの抵抗値
  • 最大出力W数

価格

価格に関しては選ぶうえで欠かせない点でしょう。

MODタイプのものは、ペンタイプやカートリッジタイプに比べて値段が高いので選ぶときは慎重に選びましょう。

しかし、VAPEは沢山の商品があるので格安の物もありますが、初めて買うなら安すぎるものは辞めた方が良いでしょう。

液が漏れることが有ります。

デザイン

持ちやすさがあって、デザインが気に入っているものであれば長く使うことが出来るのでオススメ。

特にMODタイプはペンタイプなどに比べて大きいので自分の手にしっくりくるものを選びましょう。

コイルの抵抗値

コイルの抵抗値と書きましたが、正確にはコイルの抵抗値の範囲です

コイルの抵抗値の範囲が広いもほど、抵抗値を変更できる幅が大きいので爆煙・普通の煙で変えて使うことが出来ます。

最大出力W数

最大出力W数が大きいベイプほど、瞬間的に作れる煙の量も多くなるので、必然的に爆煙タイプとして吸える煙の量が増えます。

目安として80W~100W以上は爆煙タイプのベイプとして最適です。

まとめ

皆さん電子タバコに興味がわいたのではありませんか?

電子タバコは、煙を使った技(トリック)などもできるので唯吸うだけ以外にも楽しむことが可能です。

ただ、爆煙を求めるあまり、コイルの抵抗値を下げすぎると、バッテリーのキャパオーバーなどにより急激に発熱したりして危険なので取り扱いには注意しましょう。

手軽に始めるなら【JPvapor】スターターキット

話題の電子タバコ【VAPE】、手軽に始めるなら【JPvapor】スターターキット。

VAPEを始める方に最適なお試しEリキッド3種付きスターターキット=\4980
安心良質な自社製カリフォルニア産Eリキッド10ml=\880
新フレーバー10ml4種セット=\2,980

と他と比べてもお買い得です。

国内最高峰Vape & E-Liquidブランド【JPvapor 公式】


ABOUT ME
mao
都内の私立理系大学に通う田舎住みの大学生。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です