大学生活

電子タバコ「VAPE(ベイプ)」とは?皆が気になる害や健康面。加熱式タバコと何が違うのかについて解説

皆さんこんにちは大学生ブロガーのマオです。

最近は喫煙者には肩身がに狭い世の中になってきました。周りの人への迷惑を考えて紙タバコから「アイコス」「グロー」「プルームテック」などの「加熱式タバコ」に切り替えた人も増えてきています。

「加熱式タバコ」に切り替えれば少なくとも副流煙の問題はかなり軽減されます。また、吸う人にとっても肺がんの要因とされているタール量が軽減できるので、減煙・禁煙の役にも立ちます。

だが、最近よく耳にするのが「VAPE(ベイプ)」、「加熱式タバコ」ってどこがどう違うのだろうかということです。

そこで今回は「VAPE(ベイプ)とは何か。「加熱式タバコ」と何が違うのかについて書いていきます。

VAPE(ベイプ)とは

VAPE(ベイプ)とは、欧米やアジア諸国を中心に流行している次世代タイプの電子タバコです。 フレーバー付きのリキッド(液体)を電気の力を使って熱することで水蒸気を発生させ、それを吸って楽しむものです。

また、欧米などではニコチンを添加したリキッドが販売されており、「eシガレット」などと呼ばれている。

「加熱式タバコ」≠「電子タバコ」

皆さんに最初に知ってもらいたいのは、「加熱式タバコ」≠「電子タバコ」だということ。

「アイコス」「グロー」「プルームテック」などの「加熱式タバコ(たばこベイパー)」は、税金がかかっている立派な「タバコ」です。

「電子タバコ」=「VAPE」とは別モノということになります。

「加熱式タバコ」の特徴の特徴といえば、グリセリンを含んだタバコ葉を、燃やさず高熱で加熱することによってニコチンを含んだ蒸気を生じさせ、吸い込むということ。「アイコス」や「グロー」はこの方式を採用しています。

しかし、「プルームテック」だけは異色で、グリセリンの蒸気を発生させて、タバコ葉を細かく刻んだ「たばこカプセル」を通してニコチン入りの蒸気を摂取する仕組みになっています。そのため、「プルームテック」を吸ったことがある人はわかると思いますが、「アイコス」「グロー」に比べて温度が低い蒸気のため、ほとんどニオイが出ません。

この「プルームテック」の仕組みは、実は「VAPE」と非常によく似た構造です。最後のたばこカプセルを通す手前まではほとんど同じ構造で、「たばこカプセル」の部分を香料に置き換えて香りを楽しむのが「VAPE」です。

つまり、一般的に「電子タバコ」と呼ばれている「VAPE」は、日本国内ではニコチンを含んでいないので実は「タバコ」ではないのです。

似ているようで、「VAPE」と加熱式タバコの立ち位置まったく違なります。

「VAPE」はタバコではなく、リラックスする為の物

また、タバコという言葉が付くので喫煙者が利用する製品なのかと思いきや、もちろん禁煙や減煙の目的でVAPE始める喫煙者もいますが、煙草を吸わない人がリラックス目的で使用したり、ファッションアイテム感覚でVAPEを始める方も増えてきております。

欧米などではニコチンを添加したリキッドが販売されており、確かにタバコ(「eシガレット」などと呼ばれる)である。しかし、ニコチンを含んだリキッドの販売は日本では禁じられているので、日本で流通している「電子タバコ」=「VAPE」はノンニコチンの物しかなく、「タバコ」ではない。

むしろ、さまざまなフレーバーの蒸気を吸引するという用途で使うためリラックスでき、水タバコ同様にリラックスして楽しむ人が多いだろう。

このように喫煙者だけじゃなく煙草を吸わない方でも楽しめて、多くのメリットを持っているVAPE(ベイプ)、今後も更に利用者が増加していくだろう 。

「VAPE」の健康面への影響は?

「VAPE」に使用するリキッドの主成分は、食品添加物や薬品のベースに使われるプロピレングリコールと、植物性グリセリンを混合したものがほとんど。混合したものは加熱すると白い蒸気を発する。そこに香料が添加されて、電子タバコ用リキッドとして販売されているのだ。どれも食品レベルの成分なので、大量に摂取しなければ人体に悪影響を及ぼすものではないと現時点では考えられている。

圧縮した煙草の葉を熱して吸引するiQos(アイコス)などの加熱式電子タバコとは異なり、VAPE(ベイプ)の煙(水蒸気)にはニコチンやタールなどを含んでいない為、イギリスなどの欧米などでは健康的な禁煙補助具としても推奨されております。

また、嫌な臭いや吸い殻などのゴミが出ない点からも、本来は禁煙だけどVAPEなら吸っても構わないという飲食店なども増えてきております。

電子タバコと聞くとiQos(アイコス)を思い浮かべる人は多いかと思いますが、実はiQos(アイコス)が登場するよりもずっと以前にVAPE(ベイプ)は誕生しています。 欧米諸国では空港やコンビニエンスストアでもリキッドを買えるくらいに普及しており、お隣の韓国ではVAPEショップが4000件以上あるといわれています。

信頼できるルートで購入を! 「VAPE」はどこで買える?

「VAPE」の種類は無数といわれるほど存在していて、リーズナブルなものから爆煙タイプまで様々なものが販売されています。そのため、「加熱式タバコ」のiQos(アイコス)などのように決まったものを買えば良いというわけではありませんん。

無数にあると言ったが、「VAPE」はほとんど海外製であり、特に中国製の製品が多い。そのため、どれを買ったらいいのかわからない人も多く、信頼できるメーカーの正規品を入手したほうが安全だろう。

「VAPE」を安全に買いたいなら、電子タバコ専門店「vape studio」や、「ドン・キホーテ」などの電子タバコ売場で直接買うか、amazonや楽天などのインターネット通販で信頼できるメーカーの正規品を名の知れたショップから買うのが確実だろう。

電子タバコ専門店「vape studio」では、実店舗での対面販売では、選び方・使い方の相談からリキッドの試吸までいろいろな事を教えてくれるので初心者の人にはお勧めだろう。しかし、価格が少し割高なので安く買いたい人はネットで買うのがいいだろう。

手軽に始めるなら【JPvapor】スターターキット

話題の電子タバコ【VAPE】、手軽に始めるなら【JPvapor】スターターキット。

VAPEを始める方に最適なお試しEリキッド3種付きスターターキット=\4980
安心良質な自社製カリフォルニア産Eリキッド10ml=\880
新フレーバー10ml4種セット=\2,980

と他と比べてもお買い得です。

国内最高峰Vape & E-Liquidブランド【JPvapor 公式】


意外と難しいリキッド選び

前述したように、「VAPE」はリキッドを煙として吸い込む電子タバコです。どのリキッドを選ぶかによって味や香りに大きな違いが出ます。しかし、このリキッドも沢山の種類があり、紙タバコからの乗り換えの人はどれにしようか迷ってしまうでしょう。

気に入ったリキッドが見つかるかどうかによって、紙タバコや加熱式タバコからの乗り換えがうまくいくか決まるといってもいいでしょう。一番お勧めな方法は、「VAPE studio」などの実店舗で試し吸いさせてもらうことです。

しかし、プロピレングリコールや植物性グリセリン自体がほのかに甘いものなので、喫煙者が初めて吸うと香りの甘さにびっくりします。

紙タバコや加熱式タバコにも、果物などの風味がするものもありますが、レッドブルやコーラなどのドリンク味、ジャスミンやハーブなどお茶系の香りなどは、喫煙者にとっては好みがわかれてしまうでしょう。

喫煙者に一番お勧めなのは、メンソールでしょう。通常ニコチンが入っていないと感じることが出来ない「スロートキック」というものがあるのだが、メンソールのリキッドだけは「スロートキック」があるため切り替えやすいと言われている。

ちなみに、「タバコ味」のリキッドは数多く存在するが、そのほとんどはナッツ風味だと思った方がいい。しかも甘いのがほとんど。

「VAPE」は紙タバコや加熱式タバコに比べてコスパがイイ

喫煙者共通の悩みといえば、お金がかかること。

もし、紙たばこユーザーが「VAPE」に切り替えるとどのくらいコストダウンになるのか計算してみましょう。

紙タバコを吸っている人が「アイコス」や「グロー」に移行しても、吸う本数が変わらないと月にかかるお金は全く変わりません。本体代金は別として、タバコ一箱の値段を500円とすると、1日1箱消費する人の場合は、1ヶ月(30日)15, 000円かかる計算になる。

次に、電子タバコの場合リキッドという液体を水蒸気に変えて吸うため、リキッドを定期的に補充する必要があります。

タバコを1日1箱吸う人が同じペースで電子タバコを吸うと、1か月に約20~30mlのリキッドを消費すると言われています。リキッドはメーカーや種類によって価格は異なりますが、15mlボトルで1,080円が一般的です。その場合、1か月で2,000円ほど。

パーツのコイル(アトマイザーヘッド)は消耗品のため定期的な交換が必要になるこれも消耗品と考えると、コイル(アトマイザーヘッド)は5個で1,300円程度で売っているものが多く、ひと月に2回交換すると約500円かかる計算だ。

他にも充電代などもあるがほとんどお金がかからないため、多めに見積もったとしても1か月のコストは3,000円程度だろう。

月々にかかるコストは、「VAPE」の圧勝だろう。しかし、電子タバコは本体の値段が安価なものは、、カートリッジが1,500円以上と高価で、紙巻きタバコよりは安いが標準のリキッド充填式VAPEより高くつく場合があるので注意が必要である。。

結果、ランニングコストも約500円程度の煙草を1日に1箱吸うペースで比較すると、煙草からVAPE(ベイプ)に完全に切り替えたら、費用が半分から3分の1程度抑えられるという計算結果も出ており、オススメ。

手軽に始めるなら【JPvapor】スターターキット

話題の電子タバコ【VAPE】、手軽に始めるなら【JPvapor】スターターキット。

VAPEを始める方に最適なお試しEリキッド3種付きスターターキット=\4980
安心良質な自社製カリフォルニア産Eリキッド10ml=\880
新フレーバー10ml4種セット=\2,980

と他と比べてもお買い得です。

国内最高峰Vape & E-Liquidブランド【JPvapor 公式】


ABOUT ME
mao
都内の私立理系大学に通う田舎住みの大学生。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です