ファッション

安くて使い易いお勧めパックTシャツブランド5選!【大学生のための脱オタファッション講座第12回】

皆さんこんにちは、ゴミくず大学生のマオです。

最近は6,7月にもなると暑くてTシャツを着る機会が増えますよね。そんな時に自分はお得でかつシンプルで使い易いパックTシャツをよく買ってきています。

なので今回はお勧めのパックTシャツのブランドについて紹介していきます。

パックTシャツとは

出典:https://www.sweet-sue.com/products/detail954.html

まず最初パックTシャツを知らない人のためにパックTシャツとは何かについて説明していきます。

説明と言ってもパックTシャツとは名前の通り、2,3枚のTシャツがパックに梱包されて販売されているTシャツ製品のことを言います。

有名なパックTシャツのブランドとしてはFRUIT OF THE LOOM(フルーツオブザルーム)やHanes(ヘインズ)など多くのブランドが沢山あり、近年ではUNIQLO(ユニクロ)や無印良品でも販売されている人気のアイテムです。

白や黒の無地のシンプルなTシャツがコーディネートに取り入れやすいことも人気の要因です。

パックTシャツをお勧めする理由

出典:https://www.todayistheday.jp/item/leftfield-pocket2packt/

パックTシャツの最大の利点はコストパフォーマンスの高さにあると言えるでしょう。

パックTシャツの値段は、2000円~3000円ほどで3枚ほどTシャツが入っているものが多く一枚当たりで考えると1000円ぐらいの価格です。比較的リーズナブルで手に入りやすいことが人気の一つです。

また、無地Tシャツはインナーとして使い回したり、1枚だけで着ることもできるので汎用性高いファッションアイテムなのであって困ることがありません。

この値段の安さと、どんな服にも合わせやすく着回しがしやすいことが人気の理由でしょう。

 

Hanes ヘインズ

 

パックTシャツで一番有名といってもいいのがHanes(ヘインズ)です。

Hanes(ヘインズ)はアメリカ生まれのTシャツメーカーで、パックTやサーマルT、独自のコットンを使用したTシャツなどを作っているブランドです。

ヘインズの特徴は、クセがないので肌着はもちろん、通常のTシャツとしても普段に着こなすことが出来ます。ずっと変わらないベーシックなデザインを作り続けているので世界中の人たちに愛されています。

 

基本は赤・青・金の三種類のパックTシャツが販売されています。この3つのパッケージは全て同じではなく、それぞれパッケージごとに違いや特徴があります。

肌触りの柔らかさを重視する人は赤パック。通気性が良く汗などのべたつきが嫌いな人は乾きやすい青パック。素材や質感にこだわりがあり、混紡で型崩れせしにくい頑丈さを求めるなら金パック。それぞれに違いがあるので自分の用途に合わせて買うのがいいでしょう。

Healthknit ヘルスニット

 

Healthknit(ヘルスニット)は1900年代前半にできたアンダーウェアメーカーです。もとは高品質のニットウェアブランドだったので特徴は優れた品質からもたらされる耐久性や着心地にあります。また、Healthknit(ヘルスニット)は胸元の3つボタンがポイントのヘンリーネックニットシャツでも有名です。

アンダーウェアはほとんど毎日身につけるものなので、耐久性が重要ですが多くのものは生地が弱まり圧力がかかりやすいネック部分からクタってしまいます。しかし、Healthknit(ヘルスニット)のパックTシャツはコシが強く耐久性がたかく伸びづらいのでガンガン着ることが出来ます。

 

アメリカ綿を綿100%使用した柔らかい風合いが特徴でサイズは少しゆったりしているので、着心地を重視したパックTシャツ求めるならHealthknit(ヘルスニット)がお勧めです。

FRUIT OF THE LOOM フルーツオブザルーム

ブランド2:『フルーツオブザルーム』

FRUIT OF THE LOOM(フルーツオブザルーム)は1871年にアメリカのケンタッキー州で誕生した160年以上の歴史を誇る老舗のアンダーウェアブランドです。

FRUIT OF THE LOOM(フルーツオブザルーム)はHanes(ヘインズ)と並っぶパックTシャツの定番ブランドで、アメリカでは両者は2大Tシャツメーカーと呼ばれるほどの定番ブランドです。そのためアメリカではHanes(ヘインズ)の隣にFRUIT OF THE LOOM(フルーツオブザルーム)が並んでいることがほとんどです。

FRUIT OF THE LOOM(フルーツオブザルーム)の特徴多くあります。

1つ目は独特のドライな質感と程よい肌触りが良く、生地が肉厚でしっかりしていて丈夫なので着れば着るほど肌に馴染む独特の着心地があります。

2つ目は無地以外に、ボーダータイプなどのTシャツが含まれているパックTシャツも販売されていて品揃えが豊富です。

3つ目はアメリカ製コットンを使った肉厚で柔らかい作りなのに、リーズナブルで買いやすい値段なのもうれしい点です。

 UNIQLO ユニクロ

出典: https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/180701-69

最近パックTシャツ業界で勢いがあるブランドがUNIQLO(ユニクロ)です。

UNIQLO(ユニクロ)と聞いてあまりパックTシャツのイメージはわかないと思いますが、着心地の良さにもこだわった上質な素材で作られるパックTシャツは、シンプルかつ3枚で1,500円というリーズナブル価格なので着回に大活躍です。

Brooks Brothers ブルックスブラザーズ

「ブルックスブラザーズ パックt」の画像検索結果

Brooks Brothers(ブルックスブラザーズ)は、アメリカ合衆国で創業された世界最古の紳士服販売店およびそのブランドです。

Brooks Brothers(ブルックスブラザーズ)といえばスーツやシャツが有名ですがのパックTシャツも実はお勧めです。

アメリカ製のコットンは品質の良さで知られていますが、その中でも最もグレードの高い物が「スーピマコットン」を100%使用していて強くてしなやかなので、着崩れしにくい点も魅力の一つです。

価格は税込5400円とパックTシャツにしては少し高いですが3枚1セットなので1枚当たりにするとそこまで高くありませ。むしろそれ以上の価値があります。

また、クルーネックのTシャツなのでインナーとしてもとても使い易くて重宝します。

まとめ

  • パックTシャツはコスパがいい
  • インナーとしても使える
  • 着回ししやすい

 

ABOUT ME
mao
都内の私立理系大学に通う田舎住みの大学生。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です