ファッション

オシャレ初心者こそ知っておくべきファッションアイテムごとの特徴!【大学生のための脱オタファッション講座第5回】

皆さん、ごきげんよう大学生ブロガーのマオです。

今回は、大学生のための脱オタファッション講座の5回目になります。

オシャレをするかどうかわその人の自由です。

何も他人に強制されるものではありません。

なので、この記事もファッションについて書いていますが、「俺はオシャレなんか死んでもしない」という人は見なくても大丈夫です。

また、オシャレの高みに到達しているという人も今回は見なくて大丈夫でしょう。

今回の記事はオシャレ初心者に対してのファッションアイテムの解説ですから。

それでは、以下でファッションアイテムについての解説をしていきます。全くファッションがわからないけど興味があるという人はどうぞ見ていってください。

大学生男子ファッションの基本アイテム

オシャレをしようにもファッションにおいても、基本を知らなければ何事もうまくいきません。

高校生や中学生がよく着ているようなよくわからない英語が書きまくってあるようなTシャツはかなりダサいですし、大学デビューでファッションの基礎を知らないに無理やり組み合わせると変に目立つだけの服装になってしまいます。

そこで今回は最もオーソドックスなファッションアイテムについてまとめて解説していこうともいます。

ボトムス

「ジーンズ」の画像検索結果出典https://ja.wikipedia.org/wiki/ジーンズ

ボトムスとはつまりズボンということです。他の言い方で言うとパンツという人もいます。

ボトムスで覚えていてほしいのは、ジーンズ、チノパン、スラックスです。

厚手のデニム生地で作られているのがジーンズです。労働者の作業着をルーツとしていて、ポケットを補強するボタンのようなパーツ(リベット)が付いていたり、ダメージ加工を施しているモデルがあったりと個性の強いアイテムです。

肌触りがなめらかな綿生地「チノクロス」を採用しているのがチノパン。ラインナップの中にはセンタープレスが入っているアイテムもあります。チノパンはスーツのように真ん中に線(センタークリース)が入ったものや全く線が入っていないものがあります。センタークリースが入っている方が綺麗目な雰囲気なのでテーラードジャケットなどには合わせやすいでしょう。

スラックスは、本来は特定の素材パンツを指す言葉ではありませんが、現在はジャケットに合わせるきれいめなパンツ全般を指すことが多いです。また、デニム生地のスラックスも数多く登場しているので、チノパンのようにカジュアルコーデにも合わせられます。

まずボトムスで押さえておくべきものは、誰でも簡単に着こなすことが出来るジーンズでしょう。チノパンを買う場合は、ポケットが少なくシンプルなデザインでできるだけ細すぎず、太すぎない丁度良いものを選びましょう。

スラックスは絶対に持っとくべきアイテムというわけではありませんが、持っているとコーディネートの幅がぐっと広がります。特に最近は大学生でもスラックスを履いている人も多く綺麗目のコーデが好きな人やフォーマルな格好をしたい人は持っておくといいでしょう。

インナー

カットソー

「メンズ カットソー」の画像検索結果

出典https://shop-list.com/men/zip/zp316211/

一年中使える最も便利なインナーといえばカットソーでしょう。

カットソーとは、Tシャツやスウェット、ポロシャツのなどのことを指すします。しかし、ほとんどの場合はカットソー=Tシャツという解釈でいいでしょう

カットソーを買う時に一番気になるところは襟の形で、Vネック、ヘンリーネック、クルーネック、タートルネックなど様々なものがあります。この中で使い易く、人からの受けなどを考えるといち一番いいのはクルーネックです。

柄の入ったカットソーも着こなせればカッコイイですが、やはり無地のものの方がコーディネートするときに使い易いです。コーディネートに自信がない人は、まず無地から始めるのが無難です。

 

シャツ

「メンズ シャツ」の画像検索結果

出典https://shopping.yahoo.co.jp/category/13457/2495/36504/36535/recommend

シャツは大きく分けるとカジュアルシャツとドレスシャツに分けることが出来ますが明確な分類は難しいです。

簡単に分けるとするならスーツなどの中に着るのがドレスシャツ、普段着に使うのがカジュアルシャツという考えでいいでしょう。(この記事はファッションアイテムについて簡単に説明する記事です。そのため難しい考えで分類するのはやめます。)

ドレスシャツの多くが綿生地であるのに対し、カジュアルシャツの生地は様々なものがあります。デニム生地のものやシャンブレーと言った染め系の生地のもの、夏などに着やすい麻、レーヨンやポリエステルなどいろいろあるためコーディネートによって色々なカジュアルシャツが使われます。

大学生のの中でよく使われているものとしては、定番のデニムシャツや最近の流行のオープンカラーシャツなどがあります。

アウター

ジャケットやブルゾン等の上半身に着用する上着の事で、秋や冬などの寒い季節にインナーの上から着用するものを指します。

これの似た言葉にトップスがありトップスはボトムスの対義語でもあります。ここでは簡単にトップス=上半身に着る服全てアウター=その中でも一番外側に着る服とでも思っていてください。

大学生には最低限コート、カーディガン、パーカー、ブルゾン、テーラードジャケットについては知っておくといいでしょう。

コート

「コート メンズ」の画像検索結果出典https://www.amazon.co.jp/マガザンレーブ-mgzan-rev-メルトン-チェスターコート/dp/B079FYBH84

コートとは、最も外側に着ることを想定して作られた服です。英語では overcoat(オーバーコート)といいますが、日本語では「コート」と略すことがほとんどでしょう。
コートには種々の長さがあります。通常、膝丈程度をロングコート、腿丈程度をハーフコート、腰丈程度をショートコートというように分けています。

特に覚えておいて欲しいコートはチェスターフィールドコート(チェスターコート)、トレンチコート、ステンカラーコートです。

チェスターコートは大学生の間で一時期すごい流行ったためもはや定番のアイテムといってもいいでしょう。ニットの上に着るだけで綺麗目のコーディネートにまとまるので非常に使い易いです。

トレンチコートは防水素材製の肩章付ダブル前のベルト付きコートです。ほとんどの人がトレンチコートと聞くとバーバリーを思い描くでしょう。防寒性はそこまでありませんがコーディネートしやすいため大学でも着ている人よくいます。

最後がステンカラーコートです。ステンカラーコートは飾りがないシンプルな外套。日本には20世紀半ばにアイヴィールックのアイテムの一つとして紹介され、以来、ビジネススタイル向けコートの定番として定着したためあまり普段着で着ることはないかもしれませんが、社会人になってからは使うことが多いコートです。

カーディガン

「カーディガンメンズ」の画像検索結果出典https://otokomaeken.com/masterpiece/31417

カーディガンがアウターかというと何とも言えませんが。夏や春先などに着れる数少ないアウターということでアウターに分類しました。

カーディガンを簡単に説明すると基本的には前の開いたボタンのセーターと覚えておけば大丈夫です

カーディガンというと秋冬に着るものというイメージが強いかもしれませんが秋冬用、春秋用、春夏用といった感じで生地の厚さや素材から様々な季節で着ることが出来ます。

判断基準は「生地の厚さ」と「素材」の2つだけで問題ないです。まずは素材ですが、一般的なセーターと同じ素材であるウール(羊毛)であれば秋冬用、綿の場合は春秋用、麻やレーヨンの場合は春夏用で着ることが出来ると考えておけば十部です。

次に厚さについて考えていきます。薄手のものであれば春や秋に使うことが出来ます。麻で薄手のものは夏でも使い易いでしょう。

また、カーディガンはインナーとしても使うことが出来るので、シャツの上にカーディガンを羽織ってその上にジャケットやコートを着ればインナーとしても大活躍します。

最も一般的な着方は、「インナー」に重ねて着るだけでコーディネートがまとまります。

パーカー

スウェットフルジップパーカ(長袖)
出典UNIQLO

パーカーは非常に使い易いアイテムなのでほとんどの人が来たことがあるでしょう。

無地のパーカーをボーダーのカットソーと組み合わせるだけで、ある程度まとまりがあるファッションになります。

「メンズ パーカー 比較」の画像検索結果出典https://kakaku.com/search_results/%83%60%83%83%83%93%83s%83I%83%93+%83p%81%5B%83J%81%5B%83%81%83%93%83Y/

また、大学生はプルオーバータイプのパーカーを着ている人も多くいます。プルオーバーというのは頭からかぶるタイプのパーカーです。プルオーバーパーカーはインナーとして非常に優秀なのでその上にブルゾンを着るだけでまとまりがあるファッションになります。

パーカーを買う時に気を付けないといけないのはあまり薄手の安いものを買うのではなくしっかりとした生地の5000円以上するものを買うのがいでしょう。

なぜなら、あまりにも安いパーカーは洗濯を繰り替えすと伸びてしまうことがほとんどです。綿100%のパーカーはど高級なものでも、洗濯を繰り返していると伸びてしまいます。

味があるとも言えましが、やはり伸びてしまっているパーカーは清潔感にかけるのであまり良い印象を与えないのでダメになったら買い替えるのをお勧めします。

ブルゾン

ブルゾンのメンズコーデ出典https://clubd.co.jp/wp/post-19942

ブルゾンとは英語のジャンパーを意味するフランス語です。 1980年代以降,仕事着的な意味合いの強かったジャンパーに代わり,洗練されたニュアンスをもたせてブルゾンという言葉が使われるようになりました。最近はどこのアパレルショップに行ってもフランス語を使ってブルゾンと呼んでいます。

ブルゾンの種類としてはMA-1やフライトジャケット、ライダースジャケット、Gジャンコーチジャケットなどその種類は多種多様です。

様々な着こなしをすることが出来ますが、白のカットソーの上にブルゾンを羽織って下にジーンズを履けば上手くまとまりがある服装になります。

テーラードジャケット

ジャケット・スーツ出典 BAYCREW’S STORE

一言でいうとテーラードジャケットとはカジュアルな、スーツと同じ形状のジャケットと考えていいでしょう。

大学生のファッションにおいてテーラードジャケットで重要なことは、スーツに似た形状の綺麗目なカジュアルファッションをするときに使えるジャケットということです。

ジーンズを履いてカットソーの上にテーラードジャケットを羽織るだけでかなり綺麗目のファッションになります。

このテーラードジャケットを使った服装はジャケパンスタイルと呼ばれ、セミフォーマルな場などでよく使える服装です。

テーラードジャケットの素材に関してはウールを使ったものもあれば、綿や麻を使ったものも、果てはシルクやモヘヤなんていう高級素材を使ったものもあります。

テーラードジャケットを買う場合、1万円〜3万円のものを買うのがいいです。高いと思うかもしれませんが、しっかり手入れすれば数年着られる服なのであまり安いものを買わないでそこそこ高いものを買うのがいいでしょう。

テーラードジャケにはシングルとダブルがありますが、ダブルジャケットは着こなしが難しいのでシングルを買うのがいいと思います。

大学生におすすめのメンズファッションブランド

次に服を買うのにお勧めブランドとセレクトショップについてまとめていこうと思います。

セレクトショップについては以前まとめた記事があるので下のリンクからぜひとも読んでみてください。

初心者でもわかりやすいセレクトショップごとの特徴紹介。

Paul Smith ポールスミス


「ポールスミス」の画像検索結果

出典https://www.roppongiartnight.com/2018/facilities/9188

大学生の中で最も有名なブランドではないでしょうか。大学生では比較的買いやすい値段の財布を持っている人は大学生でも多いと思います。

大学生が知っているメンズブランドとしては圧倒的知名度があるのでそのブランド力にしてはコスパが高いとおみます。

また、服は結構な値段がするだけあって上質な素材としっかりとした仕立てでつくられているので良い服が欲しいと思った人が初めて買うのにもお勧めです。

 

ABOUT ME
mao
都内の私立理系大学に通う田舎住みの大学生。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です