大学生活

浪人生でも同級生と馴染めます!浪人経験者が語る馴染むための方法。

皆さんこんにちは大学生ブロガーのマオです。

この記事を読まれている方は、おそらく現役浪人生か浪人した大学生新入生の方でしょう。

浪人した新大学生は「浪人した自分は大学生活で馴染めるのだろうか?」ということで悩んでいるのではないでしょうか。なぜなら、学年が同じなのに年が違うことを不安に感じるのは初めての経験だから当たり前です。

ですが、高校までとは違い大学の授業は様々な年齢の人と授業を受ける事も珍しくありません。

筆者自身も浪人して大学に入ったので、入学する前までは留年して同学年で年下の学友と一緒に講義を受けることに、劣等感を持ったり、恥ずかしさや不安を感じていました。

しかし、大学で授業をけてみればわかると思いますが、実際には不安を感じることは全くありません。

そこで今回は、浪人や留年したことに劣等感を感じている人に不安を解消するための記事を書いていきます。

先に結論を言っておくと、浪人経験が有ることで大学生活に馴染めなくなることはまずありません。

浪人について

大学には浪人して入ってきている人は山ほどいます。

もちろん現役で合格するに越した事はないと思いますが、浪人も1つのいい経験です。

大学に落ちたことや、1年間もしくは2年間、合格するために勉強を頑張ってこれたというのは、あなたの糧になります。

いざ大学に入り、友人ができるかという不安もあるかもしれませんが、それに関しては心配いりません。

私の学年にも年上の人がたくさんいましたが、みんな年齢なんて関係ないかのように友達をたくさん作っていていました。

また、強みとしては、学力において浪人生は現役の人より高いかもしれません。

他の人より多く勉強して入ってきたので、友達から頼られることもあるでしょう。

浪人して入った人は、むしろ他の人より2倍3倍がんばってきた自分に自信を持ち、胸を張りましょう。

浪人生は特別な存在ではない

せっかく浪人してまで大学に入ったのに、

「大学に入るのが1年、2年はいるのが少し遅れたことで、自分は既に世間から取り残されてしまったので大学になじむことが出来るのか・・・」

と不安に感じてしまうのは浪人生あるあるだと思います。

しかし、そこまで不安に感じることはありません。

なぜなら、最近では大学生の8人に1人が浪人生ともいわれています。つまり浪人生は昔に比べて大学内でもそんなに珍しい存在ではありません。

実際に自分の大学でも5人に1人は浪人生という感じです。

つまり、「浪人が原因で、大学で差別されたり浮いたりするということはない」と思って大丈夫です。

つまり、浪人したから浮いてしまっているのではなく、個人に問題があるから浮いてしまったといえます。

浪人経験をカミングアウトしても問題ない

ちなみに、「浪人をカミングアウトするかどうかかも」浪人経験者にはとっては悩みの種ではないでしょうか。

ちなみに筆者の経験上自分から話さない限り、「あなたに浪人経験があるかないか」周りの学生たちにばれることはほとんどありません。

正直周りの人は「あなたが浪人していたかどうか」を気にしている人はほとんどいません。

そのため自分が浪人したことをカミングアウトしても、それで引かれたりしたことはありません。そのため、そんなに大きな反応は返ってきません。

実際、筆者も浪人していることを大学の友人にはカミングアウトしていますが、大学の友人が離れていくこともありませんでしたし、感想も「あ~そうなんだ。」程度のものでした。

むしろ、浪人したかどうかで離れていくような友人は友達である必要性がありません。

先輩と後輩の関係

一度浪人して大学に入学すると、高校生時代の同級生が「先輩」ということになります。

そして、高校生時代の後輩だった学生が「同級生」かということもあります。

最初は葛藤を感じるでしょうが、それはだんだんと慣れていきます。

筆者も自分の学科に高校時代の後輩が同級生としていますが、普通に仲良くしています。

しかし、ここで同級生に対して自分は年上なんだいう変なプライドを持ち、

先輩に対して敬意のない行動をする人や同級生に対して自分の方が年上なんだから偉いという雰囲気を出す人」

は嫌われてしまいます。浪人で卑屈になる必要はありませんが、浪人して同級生になった人に偉ぶるのはどう考えても人格に問題があります。

日本は先輩に対して敬意をはらう文化が根強い国です。そのため年が同じだとしても先輩にはある程度敬意を払いましょう。そうすれば、あなたも先輩に可愛がってもらえます。

特に、社会にでれば会社で10歳以上年上から「先輩」と呼ばれることもあります。相手の年齢に関わらずとにかく先輩には敬語を使うのが常識です。

また、大学には様々な年齢の人がいるので仲良くなってくれば年齢にかかわらず普通にため口でしゃべっても問題にならないような関係になれます。

浪人生でも大学の友人はできるのか

浪人でも同級生と友人になれるのかという不安があるかもしれませんが、友達は確実に出来ます。

上でも書いたように、浪人していたからということで差別されたり、浮いたりするはありません。

ここで、重要なのが浪人したからということで卑屈にならずに積極的に同級生と交流することが重要です。この時、同級生に対して自分で浪人をネタにして話すことが出来れば同級生と親しみやすくなるので仲良くなりやすいです。

絶対にしてはいけない事

浪人生が絶対にしてはいけないことが有ります。

それは大学の同級生に対して、年上であることを鼻にかけて偉ぶることをしてはいけません。

大学生になってしまえば、年齢を気にするような人はほとんどいません。それなのに年長者であるというだけで大きな態度とれば当然周りの人たちには嫌われます。

年の差を考えずに、高校の同級生と同じように接していれば仲良くなれます。

ABOUT ME
mao
都内の私立理系大学に通う田舎住みの大学生。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です