ガジェット

タバコ税の増加によるタバコの値段の上昇!

皆さんこんにちは大学生ブロガーのマオです。

なぜかタバコの記事だけは読んでもらえているので今回も書いていこうと思います。(できれば他の記事も読んでもらえると嬉しいです。(笑))

近年タバコ値上げの申請が続々と認可が行われています。その結果去年の2018年10月1日に増税に合わせてメーカーが一斉に値上げをしています。

さらに紙タバコをだけではなく加熱式タバコのアイコス・グロー・プルームテックのヒートスティックなども続々と増税に合わせ値上げをしているのです。

今回はそんなタバコと税金、そして値上げについて書いていこうと思います。

2018年10月からのタバコ税率の引き上げ

これが皆さんの最も記憶新しいタバコの値上げだと思います。

政府は2018年10月からのタバコ税率の引き上げを決定し、今まで20本あたり228.48円だったタバコ税率を248.48円へと20円引き上げることを決定しました。

今回の決定は3回にわたる引き上げの第一段階で、2020年10月、2021年10月にも同様に20本あたり1円ずつ引き上げ、最終的には20本あたり60円(一本当たり3円)の増税とな予定になっているのです。

つまり今年も値段は上がります。

今後のタバコ税はどうなる?

実は、今後の数年のタバコ税の引き上げは既に方針が決まっています。

2017年12月に閣議決定された税制改正大綱によると、2018年10月の増税を第一段階とし、第二段階、第三段階と4年間に渡って毎年タバコ税を上げていく計画となっているのです。

2020年10月1日 2019年10月1日
国税 6,302円 6,802円
地方税 都道府県 1,000円 1,070円
市区町村 6,122円 6,552円
タバコ特別税 820円 820円
合計 14,244円 15,244円

1箱あたりのタバコ税が占める金額が2020年には約285円、2021年には約305円になるということです。

これによって2018年10月以降メビウスのタバコの場合1箱480円のタバコは、2020年に約520円、2021年には約550円になると予想できます。

ちなみに、2019年からは消費税の増税も予定されているので、両方の増税が重なれば30~40円ほど1年で値上がりする可能性もあります。

これからの時代は喫煙者には非常に金銭面的にも吸える場所的にもきつい時代になるでしょう。


JTのタバコの値上げ

2018年10月のタバコ増税を受けて、JT(日本たばこ産業株式会社)は小売価格の値上げを決定しました。今回値上げされたのは、紙巻タバコや葉巻タバコ、さらに加熱式タバコ「プルームテック」を含む150銘柄となりました。

【代表的な紙タバコの値上げ】
・アメリカンスピリット 480円→520 円
・セブンスター 460円→500円
・ピース(20 本入)460円→500円
・メビウス 440円→480円
・ピアニッシモ 450円→480円
・ウィンストン 420円→450円
・ハイライト 420円→450円
・キャメル 380円→400円
・ホープ(10 本入) 230円→250円

【加熱式タバコ(プルームテック)】
・メビウス 460円→490円

フィリップモリスのタバコ価格改定

【代表的な紙タバコの値上げ】
・マールボロ 470円→520円
・ラーク 420円→470円
・パーラメント 450円→500円
・バージニアエス 450円→500円

【加熱式タバコ(アイコス)】
・全9銘柄 460円→500円

ブリティッシュ・アメリカン・タバコの改定価格

【代表的な紙タバコの値上げ】
・ケント 420円→450円
・クール 450円→480円
・ラッキーストライク 460円→500円
・ポールモール 400円→440円
・ヴォーグ 420円→450円
・ダンヒル 460円→500円
・JPS 420円→460円

【加熱式タバコ(グロー)】
・420円だった物→460円
・450円だった物→490円

タバコの値段の60%以上は税金

出典www.my-tabaco.com

上の画像や、先ほど上の表で紹介したようにタバコには多大な税金がかかっています。しかもそれが年々増加しているのですからたまったものではありませんよね。

辞められる人は辞められるのがお財布的には最もいいのかもしれませんね。


日本は外国に比べれば値段が安い⁉

ここまで読んでくださった皆さんはいかにタバコの税金が高いものかわかってくれたと思います。

しかし、外国に比べれば税金の比率は少ないという思うかもしれません。

特にヨーロッパ等では日本よりも喫煙者に対する風当たりの強い国が多いのです。そのためノルウェー、アイルランド、イギリス等ではタバコ一箱を買うのに日本円換算で1000円以上するというのを聞いたことが有る人も多いでしょう。

いかに外国のタバコ価格の税金比率について書いておきます。

デンマーク:85% ポルトガル:81%
イギリス:77% アイルランド:76%
フランス:75% ベルギー:75%
フィンランド:74% イタリア:73%
ギリシャ:72% オランダ:72%
ドイツ:72% アルゼンチン:70%
スウェーデン:69% ルクセンブルク:69%
ニュージーランド:68% ノルウェー:68%
カナダ:64% 日本:63%
韓国:60% エジプト:56%
タイ:56% カナダ:50%
マレーシア:38% アメリカ:20%
ロシア:11%

年間でいくらかかるお金が増えるの?

ここで皆さんが気になるのがタバコが値上がりすることでいくら負担が増えるのかでしょう。

今回は筆者が以前吸っていたピースで考えて計算してみました。

筆者はそんなに吸いませんがヘビースモーカーといわれ始める1日1箱で計算していこうとお見ます。

値上がり前 値上がり後
1箱の値段 460円 500円
1ヵ月の値段 13,800円 15,000円
年間での値段 165,600円 180,000円

上の表のようになります。

年間で約15,000円の差がでることが予想ひとれます。これを安いと感じるかか高いと感じるかは人それぞれだと思います。

15000円もあれば高級な焼肉に行くこともできるので安い金額ではないでしょう。

高いと感じる人はそろそろ禁煙の初め時かもしれませんね。




ABOUT ME
mao
都内の私立理系大学に通う田舎住みの大学生。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です