便利アイテム

大学生にキャッシュレスをおすすめする理由とメリットを紹介!!

皆さんこんにちは大学生ブロガーのマオです。

最近は、キャッシュレス化の流れが進んでいます。日本はいまだに現金主義で世界に比べるとキャッシュレス化が進んでいないといわれることも多いです。

自分自身も一時期キャッシュレス生活をしていたので、メリットやデメリットについても書いていこうと思います。

これから、キャッシュレス生活を始める人もぜひ読んで参考にしてみてください。

自分が送っていたキャッシュレス生活

一時期自分が送っていたキャッシュレス生活についても書いた記事があるのぜひとも皆さん読んでみてください。

大学生が実際にキャッシュレス生活をしてみて気づいたこと!メリットやデメリットについて解説。

世界のキャッシュレス決済比率

こちらのグラフ「各国のキャッシュレス決済比率の状況(2015年)」を見れば、一目瞭然です。

出典:経済産業省キャッシュレス・ビジョン(2018年)より

このグラフは2015年のデータなので、少し古いのですがキャッシュレス決済の比率が先進校の中では少し遅れているというのがわかります。

日本はというと、キャッシュレス決済比率が18.4%で10番目に並んでいます。1番の韓国と比べると、韓国が89.1%なので、その差はおよそ4.5倍ほどです。

政府はキャッシュレスの比率を上げたい

しかし、最近は政府も日本でのキャッシュレス化を促進するための行動をしています。

日本政府がキャッシュレス化を促進するのには以下の理由が挙げられます。

政府がキャッシュレス化を促進理由

①生産性向上・経営効率化

②外国人観光客への対応

③脱税防止

④支払いデータの活用

これからのグローバルな社会に対応するために有用な点が多いため、今後は間違いなくキャッシュレス化が進んでいくでしょう。

キャッシュレスのメリット

では、キャッシュレス生活の良さについてまとめます!

お会計が楽になる!

お会計の時にいちいち小銭を探したり、お釣りをもらったりする必要がないのです!

とにかくこれがキャッシュレスの一番の魅力ではないでしょうか。

SuicaやPASMOなどの交通系ICカードや電子マネーなら、かざすだけで支払いが完了するのでお会計にかかる時間が大幅に短縮されます。

さらに最近ではスマホのアプリでクレジットカードのご利用明細をすぐに確認することが出来るようになってきたので、自分が今月いくら使っているか簡単に把握することが出来るのもメリットです。

お金を引き下ろす手間がない

現金を引き下ろすためには銀行やATMにいちいち行かないといけません。

今ではコンビニにATMがほとんどあるため一々探す必要はなくなりましたが、曜日や時間によっては手数料がかかるときもあるのでなるべくお金を引き下ろしたくないですよね。

ポイントがついたり、キャッシュバックがある

クレジットカード払いの大きなメリットの一つがポイントが付いたりキャッシュバックがあることでしょう。

実際に「お得感」を感じつことが出来、クレジットカードでお会計をしている人ほど得をしています。

例えば、還元率が1%だとしても1年間でクレジットカードで100万円お支払いする人なら年間1万円分もポイントが溜まります!

特に大学でサークルの幹事などをしている人は、多額のお支払いの時も多いと思うのでそのお支払いをクレジットカードですれば結構ポイントがたまるのでお勧めです。(筆者自身もこの方法で少し得をしていました。笑)

手元にお金がなくても買い物ができる!

今月お金がなくて遊べないというような時が、大学生にはあると思います。

しかし、現金がなくてどうしようという時にクレジットカードがあればクレジットカード決済でその場をしのぐことが出来ます。

来月にバイト代がしっかりと入る人の場合、クレジットカードの支払いは月末、バイトの給料が入るのも月末というところが多いのでお金がなくてもしのぐことが出来るのです。

この方法はバイト代が入ってくるまでに急な買い物があるときには本当に助かります。(しかし、使い過ぎてしまいバイト代より使ってしまったお金が多いとクレジットカードを止め手られてしまうことや親にお金の未払いの通知がいってしまうので気をつけましょう。)

クレジットカードの使い過ぎには注意しましょう。

大学生がキャッシュレスするデメリット

クレジットカードが使えない店もある

お会計の時にいちいち小銭を探したり、お釣りをもらったりする必要がないのです!

とにかくこれがキャッシュレスの一番の魅力ではないでしょうか。

SuicaやPASMOなどの交通系ICカードや電子マネーなら、かざすだけで支払いが完了するのでお会計にかかる時間が大幅に短縮されます。

さらに最近ではスマホのアプリでクレジットカードのご利用明細をすぐに確認することが出来るようになってきたので、自分が今月いくら使っているか簡単に把握することが出来るのもメリットです。

割り勘するとき

大学生生活を過ごしていると飲み会や食事、遊びの費用を割り勘で払うことがちょくちょくあります。

こういう時に現金がないというのは非常に不便です。あなたが幹事ならお支払いをクレジットカードで済ますことも出来ますが、大きい飲み会だとクレジットカードの限度額を非常に圧迫します。さらに、みんなのお支払いのお金を現金で渡されるのでキャッシュレス生活を送っていて財布を持ち歩いていないあなたからしたら持ち帰るだけで一苦労です。

最近はQRコード決済を普及させようとする流れが強く、CMで話題のLINEPayで割り勘などがキャッシュレスでも簡単に出来るシステムが普及し始めています。

しかし、LINE Payを使ったら送金もできるし有用ではあるのかもしれませんが、実際自分の周りで使っている大学生を見たことが有りません。こういうサービスは自分が使おうと思っても相手が使えないと意味がありません。

クレジットカードやSuicaなどはかなり普及していますが、いまだに大学生の中ではお会計の時にいまだにキャッシュレス化は進んでいないように思います。しかし、これからだんだんと進んでいくと思うので先んじて皆さんから使い始めてはどうでしょうか。

クレジットカードを使い過ぎてしまう

割り勘する時に、めんどくさいというのと同じぐらいのかなりのデメリットとしてあげれるのが、クレジットカードの使い過ぎです。

特に、キャッシュレス生活を始めたてやクレジットカードを持ちたてに多い失敗にクレジットカードの使い過ぎがあるのではないでしょうか。

これは、多くの人が経験することでもあります。クレジットカードは現金と違い実際に自分のお金が減っている感覚が薄く、どれだけ使ったのかわかりにくいという欠点があります。

自分でこれだけ使ったというのを把握できるようになれば、使い過ぎるということはなくなっていきますが、慣れるまではクレジットカードの使い過ぎには注意してください。

主なキャッシュレスな支払い方法

クレジットカード

「クレジットカード」の画像検索結果キャッシュレス決済といえば皆さんの頭に一番に浮かぶであろうクレジットカード。

VISAとJCBを1枚ずつ持っいると、ほとんどの買い物がクレジットカードで出来るようになります。

デビットカード

「デビットカード」の画像検索結果デビットカードもキャッシュレス決済できる方法ですが、いまいち広がってはいないでしょう。

クレジットカードとの違いはデビットカードは即時に銀行口座から引きおとしになることです。

ICカード

「Suica」の画像検索結果Suicaやnanacoなどが代表的なICカード。

コンビニやマックなどのファストフード店などで使い易く、最近では多くの自販機などにもSuicaやPASMOが使えるので便利。

QRコード

「QRコード決済」の画像検索結果最近勢いを増してきているのがQRコード決済です。

一番有名なのはCMでも大々的に宣伝しているPayPayではないでしょうか。PayPayは100億円キャンペーンと題して支払い金額の20%をキャッシュバック、10人に1人全額キャッシュバックというキャンペーンを行っていました。

最近ではLINE Payやメルペイなどのサービスも出てきており一層QRコードが流行るかもしれません。

また、メルペイについて書いた記事があるので気になる人は読んでみてください。

メルカリのスマホ決済サービス「メルペイ」とは!対応店舗についても

大学生におすすめのクレジットカード

自分的には大学生におすすめのクレジットカードは

楽天カード

もしくは

三井住友VISAデビュープラスカード

です。

楽天カード

ABOUT ME
mao
都内の私立理系大学に通う田舎住みの大学生。
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です