大学生活

新大学生必修科目!大学生用語まとめ。

皆さんこんにちは大学生ブロガーのマオです。

今回の記事では、春から大学生になる皆さんに向けて大学でよく使われる言葉について書いていこうと思います。

大学生独自の言葉もあるので、知らない人はそういうものなんだと受け止めてください。

サークル

基本的には部活が緩くなったもの。学校公認のサークルと非公認のサークルがある。公認サークルの方がまともなサークルが多い。

飲みサー

活動よりも飲み会の方がメインのサークル。活動がない日も宅飲みなどをしていることが多く、飲み会をし過ぎて学校に行かなくなる人が多い。

インカレサークル

複数の大学の学生が所属するサークル。高学歴の大学と女子大のインカレが多い。出会いを求めて参加している人もいる。

学生団体

ボランティア活動をしている学生団体やイベント運営をしている団体が主に多い。学生が運営している団体なので略して学生団体である。

代表

サークルの代表の事。部活ではなくなったので代表と言うのだと思う。

ヨッ友

知り合い以上友達未満の関係で大学内ですれ違い様にヨッっと挨拶する。遊びに行くような友達ではないのですが、テストの過去問や傾向を教えて貰えることがある。大学内ですれ違い様にヨッっと挨拶するだけの関係の人があまりいなくても問題ない。

量産系大学生

大学内に沢山いるほとんど同じ格好をしている大学生。髪色から服装、靴まで似ていて後ろ姿では本当にわからないことがある。

オタサーの姫

オタクが集まるサークル(漫画研究会など)の紅一点。少しぶりっ子気味の方が人気がある。

ウェイ系大学生

ウェイウェイしてる大学生のこと。最近では死語になってきているのであまり使われなくなってきている。口癖は「今度飲みに行こうぜ」。

宅飲み

自宅で飲むこと。毎回外で飲みに行くのはお金がかかるので、コスパ良く家で飲む大学生が多い。

意識高い系

MacPCが大好とスターバックスが大好きでスタバでMacPCとコーヒーを一緒に写真にとってInstagramにあげがち。友人のことを人脈と呼び、大したことない仕事を案件といって格好つける。将来の夢は企業。しかし、話してみると中身のない人が多い。

大学垢

ツイッターの大学用のアカウントのこと。入学前から「春から◯◯大学」などとプロフィールに書いてSNS上でつながりを作って友達の候補を見つけている。初登校日にすでに友達がいる人たちは大学垢で友達を作っている人達。

内部生

大学付属の幼稚園、小学校、中学校や高校からエスカレーター式に進学をしてきた人たち。お金持ちの人が多く、内部生同士のコミュニティーがある。

一般生

一般入学で受験に合格して大学に進学した人たち。真面目な人が多いが、受験からの解放で一気にはっちゃける人もいる。

キャンパス

大学の施設や敷地内のことを指す。学部や学年などで大学ごとにそれぞれの分かれ方をしている。

講義

高校時代の授業のことを講義と言っているだけ。一つ講義は基本週に1回。15回の講義の後にテストがある。

単位

講義一つにつき1~4単位とれる。卒業に必要な単位数と1年に取れる単位数が決められている。

履修

高校生時代の時間割と変わらない。履修の違うところは自分で講義を選択して組めるところ。

楽単(ラクタン)

楽に単位がとれる授業のこと。出席だけで取れる授業やレポート提出だけで取れるものもある。

落単(ラクタン)

単位を落とすこと。出席が足りなかったりテストの点数が悪く単位を落とした時に使う。

ピニゲ

大学の講義は出席を学生証を使って取ります。学生証がICカードになっており、読み取り機にピッとかざすと主席扱いになる仕組みです。このピッだけしてそのまま講義に出ずに帰ることをピニゲと言う。

自主休講

大学での講義に疑問を抱き、講義に行かずに自分で他のことをすることで成長するために学生側が考案した画期的なシステム。
基本的に3回以上すると単位が取れなくなるので使えるんは多くても3回である。

レポート

授業のまとめや、テーマに沿った調査と考察などをまとめたもの。主にパソコンで書く。レポートの書き方などの授業を1年生の一学期にとると、残りの四年間が楽になることもある。

レジュメ

講義内容を紙に簡潔にまとめたもの。大学に入ってから使う人が増えるが、新入生からしたらプリントでいいだろと思う人が多い。

教職

中学高校の先生になるための授業課程。1年生の時にしか登録できない。教師になるつもりはなくてもとりあえず登録する人もいるので、途中で受けなくなる人も多い。

ゼミ

少人数で担当の教授のもとで研究を行う。このゼミによって人気が異なるのでそこに着て初めてGDPが約に立ちGDPによってどのゼミに入れるかが異なる。

インターン

就活前に仕事経験を積むことが出来る。ベンチャー企業などだとインターンの成果によって就活に大きく影響することもある。バイトと違いお金がもらえないものが多いが、長期インターンの場合は貰えることも多い。

TOEIC

英語の学力到達度テスト。学校でTOEIC IPという試験を受けさせられる。このIPの点数で必修の英語クラスが分けがされることもある。また、就活の時のアピールポイントにもなる。

第二言語

大学の必修授業では英語以外にもう一つ言語の授業が必要であることが多い。

チャイ語・フラ語・スペ語

中国語の略。フランス語の略。スペイン語の略。

ワンチャン 

「可能性は低いが、ゼロではない」という意味。
大学生が最も使う言葉といっても過言ではない。だが「ワンチャン行く」という時はあまり行く気がない時に使う人が多い。

ゆーて、ゆうて

「とは言っても、いわば」の意味。会話の最初にいきなり使ってくる人もいる。大学生の言葉はかなり崩壊している。

とりま

「とりあえず、まあ」 の略語。
大学生の使う言葉としてはこれもかなり頻度が多い。
会話の最初につく、接頭語のようなものなので余り意味について考える必要はない。

うぇーいw

喜びを表す言葉。一時期流行っていたが最近廃り出している。
ウェイ系大学生などもいるが、要は陽キャラである。

おつかれ~

全然疲れてなくても、今あった時でも使う。とりあえず大学で知り合いに会ったら「おつかれ~」から入る人も多い。

詰んだ

温かい環境で育てられ甘やかされてきた大学生が珍しく困難に直面した際に呟く心の叫び。 テストやレポート期限の勘違い、欠席可能な回数を超えた授業の寝坊をした際などに用いられる。留年が決まったときや、落単が決まった時に使う人が多い。

過去問やデータを独自のルートで手に入れた者に与えられる称号。入手したデータを共有することで初めてこの称号を得ることが出来る。または、簡単に単位をくれる教授の事。

秒で

面倒な課題などを瞬時に処理する時や家にいて飲み会に誘われたときに使われる。
「レポート?秒で終わらせるわw」という人が多いが、実際には数時間かかる。

最近寝てないわー

夜間飲み会やバイトなどで忙しいため睡眠が取れず、講義などで寝る前にほざくセリフ。

若いな~

高校生、新大学生を見た時によく使う。大学生になると年下のことを以上に若いと感じやすくなるから使う人が増える。

タスク

「課題」のカッコイイ言い方。高校までの「宿題をやる」という表現から、大学になると「タスクをこなす」というより洗練された大人びた表現にかわることで、あたかも高度作業をこなしているかのように感じさせることが出来る。

パティーン

パターンの事。略でもなく、何が語源なのかも分からない。

かまちょ

「かまってちょうだい」、「かまってちゃん」の略。
「お前かまちょかよ」と使われることは多いが、あまり良い意味ではない。

 

これで、大学生になっても意味わからに言葉に皆さんが困らないことを祈ります。

ですが、今回書いた言葉は比較的使用頻度が高いことばなので覚えておいて損はないでしょう。

もっと上の段階までいってしまうと、マジでこいつ何言ってんだって人もたまにいるので気を付けてください。

ABOUT ME
mao
都内の私立理系大学に通う田舎住みの大学生。
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です